メイン画像

車を自分だけの1台にカスタム

買った車を自分だけの1台にしたいと考える人もいます。そうであれば、車をカスタムにしなければなりません。でも、初めての人はカスタムについてもちんぷんかんぷんという人もいます。

どんな改造方法があるのか、またどんな注意点があるのか。実際、行ってはならないカスタムや、行うことでデメリットになる面もありますので、車のカスタムを行うときは基礎知識をよく学んでから行うことが大切です。

注目サイト
年間250件を超える実績がある弁護士が居ます

まず、カスタムの種類についてどんなものがあるか知っておくといいでしょう。車の改造箇所からいえば、カスタムの種類には次のようなものがあります。
外装、機関部分、足回り、内装です。

外装はエクステリアとも呼ばれる部分ですが、車の外観を美しくアレンジするのが目的です。エアロパーツに交換するなどの方法は代表的なカスタムですが、他にも、リアウイングの取り付け、サイドステップの装着などの方法があります。

注目サイト
車につけるのも小型だから

こうしたエクステリアのアレンジにより見た目を良くすることができますが、それだけではなく、性能が高まることもあります。機関部分の改造は、エンジン性能のカスタムと言い換えることもできます。

つまり排気効率を高めたりパワーアップさせることによって、車の性能を上げることが目的です。方法は多種多様で、簡単な添加剤の投入から、本格的なスポーツマフラーの装着、ラムエアインテークダクトの取り付けなどがあります。

足回りは外装の改造に含まれますが、メッキパーツを使って高級感を出したり、サスペンションでローダウンさせるなどして、見た目の良さとコーナー時における安定性を高めることもできます。

内装のアレンジは、車内のムードを変えるのが目的です。スモークを貼ったり、イルミネーションをつけたり、シートカバーを変えるなどの方法がありますが、それによって雰囲気の変化を楽しむことができるようになります。

音響と並んで、長時間のドライブではこの内装のアレンジが重要な要素を占めます。内装に加えて、音響カスタムというのもあります。これは文字通り、上質な音響を出すためのアレンジです。
方法は、アンプ・オーディオ機器をいじったり、取り付けたり、スピーカーを変えることなどです。

これもインテリアと同じく、長距離ドライブにおいてはムードを盛り上げるために欠かせない改造だといえます。

以上のように、車のカスタムは各箇所に応じて方法に種類があります。それぞれの種類にどんな方法またパーツがあるのか、まずはそこを調べてみるといいでしょう。

Sub Menu

その人の味を出す
内装を少しでもカスタムに
外装から全てを
改造車では法に触れることも